« シルフィード | トップページ | Words Memo1 »

夏の妖精

 今回はリアルファンタジーなお話にしましょう。

みなさんは妖精と言うものを見たことがありますか?
月もなく、漆黒の森にまたたく星のような光を見たことがありますか?

 

昭和と言う年号が平成へと推移する半年ほど前の夏、私は友人と2人で4日間の行程で大分県湯布院から くじゅう連山を越えて阿蘇に向かうゆっくりとしたトレッキングの旅に出た。
先ずは くじゅう連山の法華院温泉を目指しヤマナミハイウェイと言う整備された道路をのんびりと歩いて行き、連山が見え始めたところから山のほうへと向きを変える。
その日はのんびりと温泉に浸かり次の日朝5時から 一つ目の山場(まさに山である)連山の中でも最高峰の中岳を目指して出発。
九州でも有数の火山群は辺りに硫黄の臭いを撒き散らして登山者を拒んでいるが用意していたガスマスクを使うほどの酷さでもなく無事に登頂できた。

今から向かう阿蘇方面を見下ろす。 まさに絶景! 絶句!
二人とも言葉を失った様にぽかんと口を開けてただただその光景を見ていた。
阿蘇はあたかも霞の中で横たわる涅槃像のごとく厳かに見えた。

小一時間ほど湯宿で作ってもらったおむすびを食べながら景色を堪能し友人と共に阿蘇に向かって中岳を下山し始めた。
夏の日差しではあるが標高が高いこともあり長袖の軽登山装備でも肌寒いくらいで、足元はごつごつとした岩肌で下りは特に用心が必要なのだと考えていた時にお約束のように前を歩いていた友人が足を滑らせて転倒。
幸い滑落するほどの傾斜ではなかったので擦り傷程度で済んだのだが、どうもその時に軽い捻挫を起こしたのを当人は気づかなかったらしく「大丈夫 たいしたことないっちゃ」・・・と笑いながら起き上がり何事も無かったかのように歩き始めた。

さて 予想通り彼の足に痛みが走り出したのは中腹のやや深い森の中に入ってからだった。
ともあれ足を冷やさねばと、耳を澄ましあたりにいくつも流れている川の方向を定め肩を貸しながらやや広めの川原へと降りてタオルに水を含ませて彼の足に巻く。
当時は気づかなかったらしいが見事に腫れ上がって痛々しい。
ふと気がつくと辺りにはすでに夕暮れが迫り山の端を赤く染めている。
さすがにこの森を夜歩くのはまずいので、今日はここでキャンプすることにした。
川原から少し上ったところに簡易テントを設営し、彼をその中に寝かせて焚き火で缶詰を温め、簡素な食事を用意する。
黄昏が終わると森は暗い。
焚き火に照らされている数メートル四方の先は漆黒の闇と呼ぶにふさわしい領域だ。
都会に住んでいると気づかないが人里離れた森の中と言うのは信じられないほど暗いのだ。

食事を済ませ2人で話をしている間に焚き火が勢いを失い急激に光を失い始めたので手元近くに置いておいた懐中電灯を手探りで探しているときにポツリと友人がつぶやいた。
「あれ・・ホタルかな?」
すぐそばにいる友人の顔がどこを向いているか薄っすらとしかわからなかったが、ゆっくりとその方向を見るとぽぉぉぉっと光が灯っていた。
すごくか細く小さな点のような暗い光だが確かにそれは森の暗闇の中で ひとつ・・ふたつ・・と目が慣れてくるにつれて数が増してくる。
気がつくと焚き火はうずみ火となり光を失ってしまっていた。
そしてその光の点は2人を取り囲む闇全体にちりばめられ、いくつかの集団は小さな輪を描いている。
「ホタルじゃないね 何やろ?」私も思わずつぶやいた。「点滅せんし、動かんもんな」
「いや ゆっくりやけど動いちょる 見てみ」すかさず友人が答える。
確かに、じっと見つめているとその点の配置が少しずつ変わっている。
なんとも不思議な光景なのだ、木の位置すらわからない暗闇の中に下りてきた星空を眺めているようで、既に2人とも距離感すら失っていた。
めいめいの光がのんびりとその表情を変えながら空間を作り上げていくのを何分?何時間?見つめていただろうか?

「こんなん見たことある?」 やっと声に出すことができた。
しかし 彼は無言のままだった。どうやら この妖精たちに眠りの世界に連れ込まれたようで耳を澄ますと川のせせらぎの音と小さな寝息が聞こえる。
ポケットからペンライトを出し時計を見ると午前0時を回ったところだった。
私はそのまま3時間ほどその光景を楽しんだ後、焚き火に薪を足し火を起こした。
多少名残惜しいが、そろそろ眠らなくては・・・
私は友人を起こし、交代を告げて眠りについた。

結局その光の正体はなんだったかって?

秘密ですよ ひ・み・つ

 

|

« シルフィード | トップページ | Words Memo1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の妖精:

« シルフィード | トップページ | Words Memo1 »