« 2010年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2011年5月

残 照    -ことばあそび-

     ち  た

     何
       が
         ?

   夕  日

     紅
       い
         ?

     ん  だ

     誰
       が
         ?

   か  ら  す

     黒
        い
          ?

   み  ん  な

     誰
       と
        ?

   帰  ろ

     何
       処
         へ
           ?

   闇  が

     暗
       い
         ?

   届  か  な  い

     遠
       い
         ?

   所  ま  で

       遠 
           い
               ?

   あ  な  た  は

      私
        ?

   誰 ?

        私
          は
            わたし

   い  つ  か  ら  ?

       ず
         っ
           と

   そ  こ  に  い  る  の  ?

       そ
         ば
           に
             いる

   あ  な  た  は  ?

      私
         ?

   誰  ?

        私
          は
            あなた

   わ  た  し  ?

    あなた
        は
          私

   あ  な  た  は  誰  ?

        私 
           は
              誰
                ?

   私  は  誰  ?

        あなた
             は
                誰
                   ?

   あ  な  た  は  誰  ?

          私 
             は
                誰
                  ?

   私  は  誰  ?

            あなた
                 は
                    誰
                      ?


      あなた          あなた
           は     
              誰
                ?


         私      私
             は
            誰
          ?    


         私      あなた
             は
               あなた


        あなた       私
              は
         あなた     


         あなた     ひとり
              は
           私     ひとり


        は  ひ  と  り

          ず
            っ
              と
                ?

      私  は  ひ  と  り

          い
            つ
              も
                ?

      ず  っ  と

          い つ も

                 り
               と
            ひ     






| | コメント (1) | トラックバック (0)

ギルバート K チェスタトン

おとぎ話はドラゴンの存在を教えるものではない
そんなこと子供たちは知っている
ドラゴンを殺すことができるとおとぎ話は教えるのだ


狂人とは理性を失った人のことではない
狂人とは理性以外のあらゆる物を失った人である


人々はローマが偉大であるからローマを愛したのではない
ローマは人々がローマを愛したから偉大となったのだ


                          ギルバート K チェスタトン


ご存知「ブラウン神父」シリーズの作者 チェスタトンの言葉です。
彼は著作外にもいろいろな言葉を残していますが、その中でも好きな言葉を3つほど上げてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2015年1月 »