« 「帰郷」 | トップページ | 夢の工場 »

たまゆら

春の宵にちなんで、昔作った恋歌などひとつ


たまゆら

金糸銀糸の織り成す錦
舞うは桜の白拍子
十六夜の月蒼く
遠く響くは琴線の音
ゆらゆらたまゆら耳すまし
春香にゆだねる目蓋の重み
纏える風に想いをたくし
さぞや恋し さも恋し

返歌

宵の闇とて舞う花の
雪の如くは月明かり
十と三つの縦糸に
叶わぬ術に爪を立て
揺れる想いに紅をさす

|

« 「帰郷」 | トップページ | 夢の工場 »

コメント

素敵な歌やわぁ

投稿: めい | 2009年4月 7日 (火) 04時12分

綺麗な歌ですね。

投稿: 柚乃和樹 | 2013年5月31日 (金) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158200/44591415

この記事へのトラックバック一覧です: たまゆら:

« 「帰郷」 | トップページ | 夢の工場 »