« 「殺人狂時代」 | トップページ | 銘のある宝石たち »

雨の呼び名

以前 月の呼び名というのを紹介しましたが、今回は雨の種類の呼び名を紹介しましょう。
英語でも、土砂降りのことを「Dog & Cat」などと言いますが、しばし日本の古式豊かな雨の呼び名をお楽しみください。

状態を表す雨の呼び名

驟雨(しゅうう)
  突然降り出す雨。俄雨(にわかあめ)。たいてい入道雲ができて雷と共に降ってきます。
地雨(じあめ)
  しとしとと振りつづく雨。纏わり付くようなうっとおしい雨。
肘かさ雨(ひじかさあめ)
  急に降り出した雨。肘を傘の代わりにして軒先まで走る様子からこう呼ばれています。
篠突く雨(しのつくあめ)
  篠とは群生する細い竹のことで、篠を束ねて突きおろすように激しく降る雨です。
  まさに槍が降っているようですね。
村雨(むらさめ)
  群雨/叢雨ともかく。群になって降る雨。玉が散っているような雨のことです。
怪雨(あやしあめ)
  花粉、黄砂、火山灰などいろいろな塵が混じって降る雨のことです。
天泣(てんきゅう)
  空に雲が無いのに細かい雨が降ってくることです。狐の嫁入りとも呼びますね
外待雨(ほまちあめ)
  自分の畑だけに降るような雨、局地的な雨のこと。近畿地方では私雨も呼びます。

梅雨が付く雨の呼び名

入梅(にゅうばい)
  梅雨に入る事をこう呼びます。最近はかなりおおまかになりましたね。
栗花落(ついり)
  梅雨入りのことです。この頃は栗の花が散るのでこう呼びますが、
  「堕栗花(ついり)」という字で表現する事も有ります。
五月雨(さみだれ)
  梅雨のことです。旧暦の5月に降る雨ですので今の暦ではちょうど梅雨時期ですね。
梅雨(つゆ)
  江戸時代頃から「ばいう」→「つゆ」と呼ばれるようになりました。
  漬「ついゆ」などが語源とされています。
菜種梅雨(なたねつゆ)
  3月下旬から4月 菜種の生る頃にかけて関東よりも西の地域で天気がぐずつくことです。
走り梅雨(はしりづゆ)
  5月の中旬から下旬にかけて梅雨を思わせるようなぐずついた天気が続く事です。
送り梅雨(おくりづゆ)
  梅雨があける頃の雨の呼び名です。
戻り梅雨(もどりづゆ)
  梅雨があけたと思ったらまた雨が降り続く事です。
空梅雨(からづゆ)
  雨の少ない梅雨の事です。
山茶花梅雨(さざんかつゆ)
  初冬に比較的短い期間ぐずつく雨のことです。

季節による雨の呼び名

時雨(しぐれ)
  晩秋から初冬にかけて、ざっと降ったかと思ったら、すぐに青空が戻ってくるような雨です。
村時雨(むらしぐれ)
  ひとしきり強く降っては通り過ぎてゆく雨のことです。
片時雨(かたしぐれ)
  ひとところに振るの時雨のことです。
横時雨(よこしぐれ)
  横殴りに降る時雨のことです。
春時雨(はるしぐれ)
  春なのに時雨を思わせるほどの冷たい雨の事です。
小糠雨(こぬかあめ)
  春先にしとしとと降る霧雨。ひそか雨とも呼ばれます。
春雨(はるさめ)
  いつまでも降り続く地雨のようなしっとりした雨。春の後半の菜種梅雨の頃の雨です。
  「春雨だ濡れて参ろう」なんて粋な台詞が有りましたね。
春霖(しゅんりん)
  3月から4月にかけて天気がぐずつく時期のこと。春の長雨とも呼ばれますが。
  地方によっては菜種梅雨と呼ばれます。
翠雨(すいう)
  青葉に降りかかる雨の事です。
緑雨(りょくう)
  新緑の頃に降る雨の事です。
麦雨(ばくう)
  麦の熟する頃に降る雨の事です。
甘雨(かんう)
  草木を潤う雨の事です。
瑞雨(ずいう)
  穀物の成長を助ける雨の事です。
卯の花腐し(うのはなくたし)
  旧暦の4月から5月の卯の花が咲く頃に降る雨。この頃の曇り空を卯の花曇と呼びます。
秋霖(しゅうりん)
  秋の長雨のことです。

日にち限定の雨の呼び名

虎が雨(とらがあめ)
  旧暦5月28日頃にに降る雨です。
  有名な仇討ち話で 曽我兄弟の仇討ちというのが有りますが、見事本懐を
  遂げたのが旧暦の5月28日、その時曽我兄弟の兄曽我十郎は取り巻きの武士に
  斬られて討ち死にしますが、彼には恋人がいました。
  それが「大磯の虎」とも呼ばれた遊女、虎御前で、彼女が悲しんで流す涙が命日に
  雨となって降ると言われ「虎が雨」と呼ばれるようになったと言う事です。
洗車雨(せんしゃう)
  旧暦7月6日に降る雨です。
  彦星が織姫に会う為に牛車を洗う水が雨になると言われています。
酒涙雨(さいるいう)
  旧暦7月7日に降る雨です。
  これは雨のために会えなかったということでは無く、
  年に一度しか会えない惜別の想いの涙だと言われています。
御山洗(おやまあらい)
  旧暦7月26日に降る雨。山の不浄を洗い清める雨です。
半夏雨(はんげあめ)
  夏至から数えて11日目の半夏生の日に降る雨です。
寒九の雨(かんくのあめ)
  寒に入って9日目に降る雨。豊年万作の兆しといわれます。

その他

作り雨(つくりあめ)
  打ち水のことをこう呼びます。
樹雨(きさめ)
  濃霧の森を歩いているときに木の葉からしたたり落ちてくる雨の事です。

|

« 「殺人狂時代」 | トップページ | 銘のある宝石たち »

コメント

 「雨の呼び名」を見させていただいて、日本語の美しさに感動を覚えました。

とてもステキだったので、勝手ながら私のブログにも紹介させて頂きました。
「大地の上で」
http://daitinoue.exblog.jp/
です。

 どうも有り難うございました。
これからも楽しみに、読ませていただきます。

投稿: キラキラ | 2008年6月14日 (土) 07時33分

勉強になりました><

投稿: | 2008年7月14日 (月) 13時35分

俳句の季語を検索して、こちらにたどり着きました。
雨の名前、沢山あるんですね。
ありがとうございました。

投稿: はにはに | 2010年5月11日 (火) 09時39分

はにはにさん>

いらっしゃいませ

日本語って表現が豊かでいいですよね

投稿: Fritha | 2010年5月11日 (火) 15時42分

雨の種類(名前)がこんなにあるとは思いませんでした。すごい数の雨ですね。あめは降り方や時期によって名前が変わるのですね。今度は星野呼び名を教えて下さい。(もしよかったらで良いです。)

投稿: シフォンケーキ | 2010年10月18日 (月) 22時47分

シフォンケーキさん>

日本語ってほんとに表現豊かですね

星の呼び名は星の和名のことですね?

知っているものと調べたものをあわせてまたご紹介いたしましょう。

投稿: fritha | 2010年10月18日 (月) 22時55分

素敵なブログですね。アナログ世代の人間でパソコンの使い方もよくわからないまま拙いブログを去年より始めました。
わたくしは自宅で小さな学習教室を15年以上やっています。
小さな子どもたちに日本語の素晴らしさを教えたいと思っております。
ここは日本人の繊細な感性溢れる美しい言葉の宝石箱ですね。「雨」を検索して辿り着きました。こちらの記事を勝手ながら今日のブログで紹介させていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ゆっこ先生 | 2011年2月28日 (月) 14時05分

間違って別のところにコメントを書いてしまいました!この「雨の呼び名」に書いたつもりでした。PCの使い方もよくわかっていないアナログ人間はこれだから・・・(恥)
rain cats and dogs (激しく雨が降る)は犬がネコを追いかけまわしている様子を表現したものだから必ずdogsがcatsより後ろにくるという話です。
あれは古い陳腐な言い回しだから一般的には
rain heavilyを使うようにと英語の先生がおっしゃっていました。
上にあったのでちょっと気になって・・・失礼しました。

投稿: ゆっこ先生 | 2011年2月28日 (月) 15時05分

ゆっこ先生さん>

ありがとうございます(^^)
私も専門学校でシナリオの書き方など教えておりますが、日本の言葉というのは表現豊かでいいですよね
ブログの方は遅筆ですが、時々いらしてくださいね

投稿: fritha | 2011年3月 4日 (金) 01時06分

参考になりましたlovely
学校の日直の1分間スピーチの
題材にさせていただきますo(_ _)o

投稿: ゅう | 2011年7月13日 (水) 22時02分

ゅうさん>

ありがとうございます

まだまだたくさんあると思いますので調べて見るのも面白いと思いますよ(^^)

投稿: fritha | 2011年7月14日 (木) 02時25分

雨に私が知らないw(゚o゚)w

   種類があるとは、

    おもわんかったので

   とっても、Σ( ゜Д゜)ハッ!びっくり

  しました。

それに、とても勉強になりました。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

学校の授業で、大活躍(*゚ー゚*)

投稿: ポンデ | 2012年2月 8日 (水) 20時21分

学校で発表することになっていたので

とっても役にたちました。

ありがとうございました!!

投稿: 子安さま | 2012年2月24日 (金) 14時36分

はじめまして。

イヌイットは「雪」に関する言葉が50個あるという話を聞いて(詳しくはちょっと違うそうですが)、日本だと「雨」がそうだなあと思い検索してたどり着きました。

いろいろなページを見ましたが、こちらが量も解説も一番でした。勉強になりましたm(_ _ )m

これから他の記事も読ませて頂きます♪

投稿: さち | 2012年3月30日 (金) 13時42分

初めまして
内容が素晴らしかったので、勝手ながら自分のfacebookで紹介させていただいたのですが、もし不都合がありましたら、ご連絡いただけますでしょうか。早急に削除いたします。

投稿: ken | 2012年5月 1日 (火) 16時22分

ポンデさん>
子安さまさん>

なかなか良い授業ですね
お役に立てて何よりです。

さちさん>

イヌイットの「雪」の表現も興味深いですね
やはり身近に接する環境にはいろいろな表現があるんですねぇ

kenさん>

お知らせありがとうございます。
リンクや紹介は大歓迎です。

投稿: Fritha | 2012年5月 1日 (火) 21時14分

FBにシェアします。

投稿: 竹中 | 2012年5月 3日 (木) 08時30分

すごく参考になりましたhappy02
学校の授業で活躍しましたlovely
 ありがとうございました o(_ _)oペコッ

投稿: かなやん | 2013年2月18日 (月) 18時04分

かなやんさん>

お役に立てて幸いです。
まだまだたくさんあると思いますので
いろいろと調べてみるのも面白いと思いますよ(^^)
ありがとうございました。

投稿: Fritha | 2013年2月19日 (火) 03時37分

I like to try this brog,if it is
available to apply for it.
Thank you.

投稿: Richard Hsu | 2013年3月 6日 (水) 15時48分

I would like to receive this blog mail, if it is still available.
Thank you

投稿: Richard T, Hsu | 2013年3月 6日 (水) 15時50分

はじめまして!!
雨の種類を知りたくて検索していたら、こちらにたどり着きました。
雨の種類がこんなに沢山あるなんて知らなかったので、とっても感心してしまいました。よくお調べになりましたね!!
ブログに載せさせていただきましたが、もし駄目なようでしたら直ぐに削除いたします。

投稿: 阿古夜 | 2013年5月20日 (月) 12時08分

阿古夜さま

コメントありがとうございます。
まだまだ調べきれないくらいたくさんあるようです。
折りを見て新たなものを調べてみますね

投稿: fritha | 2013年5月20日 (月) 12時21分

一方モンクレールも非常に積極的に "イタリア製"ロゴ活動の濫用に対して大規模に関与
http://www.monclerdown-japan.com

投稿: モンクレール | 2013年8月23日 (金) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158200/13841333

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の呼び名:

« 「殺人狂時代」 | トップページ | 銘のある宝石たち »