いいね

日記・コラム・つぶやき

あけましておめでとうございます

旧年中はブログの更新をすっかり怠けてしまいまして申し訳ありませんでしたm(__)m

ZO-3のディストーションもおかげさまで販売数250本を越しました。
その他の開発業務も例年に無くたくさんいただきまして、
とてつもなく多忙な一年をなんとかクリアし、
今年もHowe師匠の「Mood for day」を弾きながら年を越しました。

持ち越した仕事もまっている仕事もまだ多々ありますが
ともあれがんばってこなしてまいりますので
今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

沈思黙考・・しすぎですた

いえいえ 沈黙してたわけではないのですが(^^;)
ついぞブログ更新して無かったですね・・・

最近ホットなところはプロフェッショナルシリーズの2作目

「Venus(ウェヌス)」がもうすぐ仕上がりそうです。
実際の構想から、早くも40回以上の試作をくり返して
やっとしっかりとした音に落ち着きました。
あとは 初段のブースト部分のトランジスタを決定すればゴールですよ。

最終的に迷っているトランジスタは BS170か 2N7000か
どちらもよい持ち味があるのだけれど今のところ解像度がやや高めの
2N7000が優勢かなってとこです。

乞うご期待! なのであります

| | コメント (3) | トラックバック (0)

謹賀新年!

今年も無事明けました。

本年もみなさんの御多幸あらんことを・・・
例年通り ハウ師匠の「Mood for a day」を弾きながらの年越しでした。
もう何度弾いたか数えることができないくらいこの曲を弾いていますが、
弾くたびにこの曲に魅入られてしまいます。
この曲を初めて全部通して弾けた頃(高校生くらいだったか・・・) テクニカルな部分にばかり耳を傾け、とりあえず手が動いて音が鳴っているだけといった、とても奏でると言うには程遠いものでしたが それでもこの曲が弾けたことに感動したものです。
まぁ 長年引き続けていると、年を重ねるにつれていくらか奏でられるようになるもので(笑)、そうなるとハウ師匠のいろいろなライブのときの演奏法を真似てみたり、自分自身の気ままな気分に演奏を載せてみたり・・と いろいろとやってみると この曲はその色をさまざまに変化させるんですねぇ(^^)

まさに「Mood for a day」

この曲とは一生の付き合いになりそうですな(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけました

おめでとぉ!!

・・ってことで今年もよろしくお願いしますだ~m(__)m

今年も恒例のスティーブ・ハウ Mood for Daysを弾きながら新年を迎えたですよ。(^^)

今年はエフェクターのラインナップもますます充実できるようにがんばるです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

良い音って何?

今までいろんなエフェクターをいじったり作ったりしてて感じることだけど・・・

  良い音=きれいな音?

そもそも「良い音って何?」

まぁ これも昔っから言われてることだけどね、
たとえば エフェクター設計していてよく感じるんだけど
試作のときは回路図先行で作るわけなんだけど、
回路定数・・・つまり言えばコンデンサの値とか抵抗の値とか・・・
そういうのは回路図に書き込むときには数字たけなんだよね
そいでもってとりあえず実際の回路を今 現行で生産されている一般的なパーツで組んでみてテストするんだけど、こいつはよほど慣れてないとか、よほど複雑な回路じゃない限りは まぁ 一発で出音チェックまでこぎつけちゃうのね・・・
で、もって 大抵ここんとこ少し太めの音にするか・・とかちょっと筋っぽい音にするか・・なんて味付けをたいていの場合はコンデンサの数値をいじって決めていくわけなんだな。
で たいていの場合はこれもいじってるうちにこいつだなって音になってくる。
そこでもって 回路定数を決定して、ラインナップとして決定したりするわけだけど
これはこれで本当に「良い音」してるのよ。
だけど いじってるうちになんとなく物足りなさって言うか・・何か足りないような感じがしてくるわけだ(^^;)
そこで比較しちゃうのがどうしてもBigMuffとかLandgraphとかBBそう言った有名どころになるんだけどやっぱ悔しいかな、そいつらは良いんだなぁ(^^)
で、パーツを真似ればええじゃんって感じでWIMA SPRAGUEと言った「あちら製」のパーツに乗っけ変えてみるんだけど大抵はただのノイズの元にしかならないんだよ。
まぁ 有名どころのエフェクターもそういった意味ではたとえば「ニチコン」の優秀なオーディオグレードコンデンサを使用した回路に比べればノイズの塊なんだけどね(^^;)
面白いことに 有名どころの エフェクターをそういった現行ハイオーディオグレードのパーツで作るとノイズレスで結構良い音するのよ(笑) でもなんとなく(以下略)って感じ
ただ それを「(以下略)」って部分で語るのはきっとそれがなんらかの懐かしい楽曲の音源をベースに考えてるからなんだろうなって思う今日この頃なのだ。

まぁ 取り留めの無い話だけど・・・
今のノイズレスパーツで組んだ音も「良い音」なんだと思うし、ノイズがあっても昔のあの音が良いなって人にはそういった音が自分の求める「良い音」なんだろうねぇ
そういったわけで今回からラインナップを少し分けて見たのよ。
プログレードはどちらかと言うと自分が求める音にこだわった「良い音」のために作成したようなものだ。
そのため逆に言えば扱いにくいパーツを組み合わせながら音を作っている感じなので回路はすごく単純で「えっ こんな回路でこの値段とるんかよっ!!」って思われるかもしれないが、この定数にたどり着くまでの労力とこの回路構成でこの音を作るためのパーツ選定(けっして1,2個買ってきたパーツでフィットしないのだよ。物によっては100個に1個いかフィットしないものもある)のプライスだと理解して頂きたい。

まぁ「良い音」ってのも人それぞれ、自分の好きな音で楽しむのが一番かな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦悩のかけらへのレクイエム

めっきり新作をアップしていない今日この頃、みなさまはいかがお過ごしでしょうか? (^^;)

いや 別にアイデアがないとか作る気が失せたってぇ分けじゃあないんだけどなんとも思った音にたどり着けないんだよねぇ・・・これが
てなわけで今回は失敗作にスポットライトを当てて見ようかということで(^^;)

Dsc03366_2

これがいろいろと苦悩のかけらの本の一部です。
フィルター、OD、ディストーション・・・・
いろいろと試してはボツになっていく回路たち。
捨てるのもなんなのでたまっていく一方だが、箱の中にはいつの間にか50個以上の基盤が溜まってしまった。
中には、製品作成時の不良品(音が出ないんじゃなくてその製品の音にできなかった規格外)も渾然一体となってカオスと化している。(^^;)

まぁこのステップのおかげで良いものが出来上がっているとこの失敗作にも万感の思いが募るというものだ。

時々 オペアンプ1本とCR数点でこの値段は高いんじゃないかとかメールもらうこともあるけれど、そういう時は「ほとんどの値段は実は仕様どおりのものを組み立てるための調整の手間代なんですよ」と返事を書くのだが実は成功するまでの開発費ってのも結構大きいのだ。

更に言うと実際の部品1本を選定するのにオペアンプやトランジスタは平均して5~6本に1本くらいしか適合してくれないのが普通なのだ。
特に製品のばらつきが大きく、トランジスタに関しては特に増幅率(hfe)の特性が極端に差があったりするのでシビアな回路だと50本に1本なんてことも珍しくはない。

買っていただいた方はご存知かと思うが製品には必ずチェックリストを添付している。
耳でのチェックに加えて出力のオシロスコープでの計測結果をピーク電圧や希望の方には波形の写真も添付している

そんなこんなで結構手間を掛けているのだ。

んなこと書いてる間に新作を作れって???  こりゃ すいませんm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっとこさシステムアップ

実は最近の音源やソフトシンセなんぞの重さに耐えかねていたうちのPCシステムをやっとこさシステムアップする事ができた。

音環境もぎこちなくなってきていたのでシステム導入のために一気に資金を調達すべく間を空けてしまってすまんことですm(__)m

てなわけでうちのPCもAthronII QUADCORE 635 + 4Gメモリーという環境にレベルアップ!!
以前のAthron よりも熱も出なくなり夏でも大丈夫そうだ(笑)
OSもついにWINDOWS7を導入!  立ち上がりも早くて気持ちいいよ
しかし やはりいくつかのソフトは動かなくなった(^^;)
とりあえず音環境のソフトは全部 互換モード含めてなんとか無事に動作

データや周辺も含めてやっとこさ移行が終了!

ひさびさにPC組んだけど一発動作で何とか無事に行ってホッとしたですよ(^^)

| | コメント (3)

御礼と御紹介

いやあ よく見るとたった12件しかない記事に倍以上のコメントと
もうすぐ6000に届きそうなアクセス数をもらって少々驚いている。

と共にもうちょっといろんなこと書かにゃあならんなぁと反省・・・
しかし一人でやるにも限界が在るってもんで(^^;)(まぁ生来の怠け癖がいかんのだが)
満員御礼と充実を計るべく無理を承知で常連のSaga氏に迷惑を省みず応援を要請したところ快諾をいただき、こちらでピンチヒッターとしてのライターをひき受けていただける事とあいなりました。

てなわけで Sagaさんよろしくお願いいたしますm(_ _)m

アクセスしてくれるみんなもほんとにありがとう。
これからもよろしくお願いしますだぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)