いいね

« 2012年4月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年6月

Muffy φのサウンド

さてさてお待たせ!

Muffy φのサンプルサウンドをアップですだよ。

取り急ぎって事で今回はオリジナルじゃなく(^^;)

先ずはSCORPIONSの ROCK YOU LIKE a HURRICANEのリフなんぞで行ってみました(笑)

ろっくゅぅ らいか はりけ~~ん




そいでもってロングトーンはアメイジンググレース

比較用に POWER LEADのサウンド


そいでもってこれがMuffy φのサウンド



ついでって事でDODクロンでもやってみたですよ



いつもどおり ほぼ飾りっけなしで(アメイジンググレースのみ少々のリバーブをプラス)直音だよ。

オリジナルフレーズとポッド位置の比較はもう少々お待ちあれ(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

landgraff

現在 故あってlandgraffをいろいろと試作。

先ずはDODのクロン。

Dod2_2

フィルムは定番WIMAを使用し、トランジスタは東芝2SC1815でhfe 300丁度の物を選定して使用した。
最後まで悩んだのは出力に使用している10μFの電解コンデンサだが、オリジナルの写真にある青い水平端子と言うことでそれに近い物を見た目でいろいろと購入して試した結果philipsが一番近いようなのでこれを採用してみた。

オペアンプはオリジナルは艶ありNJM4558Dだが、さすがに手元にないので現行のNJM4558DDを入れてみたがなんとなく違和感があり、試しにNJM4580DDに変更してみたところなんとこちらの方がいいじゃないですか(^^)
・・・てな訳でこいつを採用した。
やはり名器といわれるだけあって色っぽい音である。


次はMODのクロン。
こいつは今までずっと欲しかった一台だがいつも回路図だけ眺めてため息をついていた。
たまたまMOD修理の依頼が来ていじったところやはりすばらしい!!
と言うことで修理用に余分に買ってきたパーツもあるので一台組んで見ることにした。

Mod1

Mod2

コンデンサーはフィルムにはWIMA、タンタルにはSprague、フィードバックの50pFにはシルバーマイカを使用し、オペアンプはLM308H缶入りを調達した。
黒いシルバーマイカコンデンサはROHS対応前の製品だそうだ。
とりあえず今では新しい実験回路でもない限り組み上げて音が出なかったなんて事はパーツ不良以外にはないので安心して電源を繋いで見る・・・が歪のニュアンスがなんとなく違う(^^;)
やはりゲインコントロールのアースに落とす抵抗はカーボンの方が良いか・・・(オリジナルはカーボン)と言うことでXiconに変更したところ、 おっ これこれ!って音になった。
と言うわけでひょんなことからMODとDODを手に入れることができた。


ところで余談だが、うちでは銀入り半田を使用していない。
それは 銀入り半田は経年劣化によってクラックが生じたりするというのが理由だ。
そういうわけで半田はこういうものを使用している。

Solder

almit製のmil spec対応塩素フリーの半田だが、これがなかなかいい感じなのだ。
付が良く劣化が少ないし半田自体の抵抗も非常に低く音質が良いので重宝している。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年12月 »