いいね

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年2月

カスタムメイドのエフェクター

今回の製作はカスタムメイドのエフェクターで、「Drive vs Lead」と命名
ピーキーに仕上げたLead Driveと張りと艶のあるOverDriveを2連装で内蔵したパワーパックだ。

概観はこんな感じ

Proc11_4

Lead Driveは ラインナップにある「Lead Drive」をもっと高音重視にピーキーにモディファイし、コードにもソロにも存在感を与える仕様にしてある。
増幅率は min10倍~max200倍 でドライブmin状態でもかなり効いた状態だ。

OverDriveは「Twin OverDrive」をベースに低音の響きを重視したモディファイでブルージーなトーンにカラー設定してある。
増幅率は min2倍~max200倍 でクリッピングには赤色LED(OD1)とスイッチングダイオード(OD2)の切り替え式で、OD1はパワフルなサウンドで、クリッピング電圧にもかなり余裕があるためポッド10時くらいまではクリーンブースターとしても活用できる。
OD2はややドライブ低目からクリッピングが効き始め、ピッキングコントロールにもギターのボリュームにもよく反応するライトなクランチから図太いオーバードライブまで幅広く使用できる。

Lead -> OD で接続してあるので両方ONにすると絶大な存在感だ

今回の製作手順は写真記録し HP の方に「DON KRAFT 製作プロセス」として公開したので興味のある方はご覧あれ~(^^)

http://fritha.art.coocan.jp/guitar/proc.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »