いいね

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

ディストーション テストボード

さて 今回はいろいろと注文を受けることの多い歪系のコアに特化したテストボードなんぞを作って見た。
前々からあると便利だろうなとは思っていたのだが、ついつい直接回路を作ってしまうことが多かったが、実際作って見るとこいつは便利だ。

概観はこんな感じ。
Distbase

そいでもって実際にパーツを乗っけて見た感じはこう。

Distbase2


バイアス電圧回路とゲインのリミッター抵抗以外は全てパーツ変更できるように設計し、クリッピングダイオードも出力側とフィードバック側両方にソケットを装備したのでどちらのタイプもテストできる。
ちなみに両方に入れるとなかなか面白い効果が出ることも分かった。
なんにしてもパーツを入れ替えてすぐに出音を試せるのがこれほど便利だとは(^^)
特にクリッピングダイオードやコンデンサ値変更がすぐに試せるのがいい。
もちろんOPAMPの変更もすぐにできる。
これで歪のカラー対応も柔軟にできるようになった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »