いいね

« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

プリント基板設計中

ちょいと忙しい仕事をこなしながら、ディストーションをプリント基板化進行中。
ディストーションとトーンを突っ込んだ汎用基盤として実験を繰り返してるですよ。
音質もだいぶまとまってきてそろそろこのパターンで大丈夫かと言うところまでたどり着いてきたよん(^^)。
クリップダイオードをオペアンプのフィードバック/出力ラインでのクリップ、のどちらにも使用できるようにして、トーンも切り離し可能でディストーションから直接アウトプットを取り出せるようにもできるですよ。
これでコンデンサと抵抗値を好みの値に適用してある程度のカスタムにも対応できるようになるです。

CADで設計すりゃ一発でできるだろって???
いゃああ それができればほんとに苦労はないですだよ(^^;)
アナログ回路はデジタル回路と違ってつながってりゃ同じ音が出るってもんじゃないんですよ・・・
プリントパターンの幅や形で気持ちよ~く音質が変わっちゃうんですわ、しかもちょっとラフに設計するとノイズは多くなるし音は軽くなったり重くなったり、同じパーツ乗っけてるのになんでこんなに音が違うの?ってことになっちゃうから割と厄介なんだなこれが・・・
・・ってなわけで試行錯誤を繰り返してやってみるしかないんですよ

ともあれもうちょいで何とかなりそうですよ
ご期待あれ~っ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »