いいね

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年5月

苦悩のかけらへのレクイエム

めっきり新作をアップしていない今日この頃、みなさまはいかがお過ごしでしょうか? (^^;)

いや 別にアイデアがないとか作る気が失せたってぇ分けじゃあないんだけどなんとも思った音にたどり着けないんだよねぇ・・・これが
てなわけで今回は失敗作にスポットライトを当てて見ようかということで(^^;)

Dsc03366_2

これがいろいろと苦悩のかけらの本の一部です。
フィルター、OD、ディストーション・・・・
いろいろと試してはボツになっていく回路たち。
捨てるのもなんなのでたまっていく一方だが、箱の中にはいつの間にか50個以上の基盤が溜まってしまった。
中には、製品作成時の不良品(音が出ないんじゃなくてその製品の音にできなかった規格外)も渾然一体となってカオスと化している。(^^;)

まぁこのステップのおかげで良いものが出来上がっているとこの失敗作にも万感の思いが募るというものだ。

時々 オペアンプ1本とCR数点でこの値段は高いんじゃないかとかメールもらうこともあるけれど、そういう時は「ほとんどの値段は実は仕様どおりのものを組み立てるための調整の手間代なんですよ」と返事を書くのだが実は成功するまでの開発費ってのも結構大きいのだ。

更に言うと実際の部品1本を選定するのにオペアンプやトランジスタは平均して5~6本に1本くらいしか適合してくれないのが普通なのだ。
特に製品のばらつきが大きく、トランジスタに関しては特に増幅率(hfe)の特性が極端に差があったりするのでシビアな回路だと50本に1本なんてことも珍しくはない。

買っていただいた方はご存知かと思うが製品には必ずチェックリストを添付している。
耳でのチェックに加えて出力のオシロスコープでの計測結果をピーク電圧や希望の方には波形の写真も添付している

そんなこんなで結構手間を掛けているのだ。

んなこと書いてる間に新作を作れって???  こりゃ すいませんm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »