いいね

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

LEAD DRIVEとSCREAMERのサウンド

さて お待たせ。
LEAD DRIVEとSCREAMERのサウンドサンプルができたですよ

最初はLEAD DRIVEの音を

LEAD DRIVEの後ろにSCREAMER (バンド中音域)

LEAD DRIVEの後ろにSCREAMER (バンド高音域)

PHASER の後ろにSCREAMER(バンド高音域)

PHASERの後ろにSCREAMER (バンド中音域 5kHz)

PHASERの後ろにSCREAMER (バンド中音域 1kHz)

PHASERの後ろにSCREAMER (バンド低音域)

以上、連結の後ろにアンプシミュ代わりにG9.2ttを配置。
JC Creanにderayを軽くかけてます

SUS_DRIVE の後ろにSCREAMER(バンド高音域)

SUS_DRIVE の後ろにSCREAMER (バンド中音域)

SUS_DRIVE の後ろにSCREAMER (バンド低音域)

以上連結の後ろにアンプシミュ代わりにG9.2ttを配置。
HIGHWAT Crean セッティングにderayを軽くかけてます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

という訳で隠し玉(笑)

普段使い用のエフェクト、リクエスト物と進めてきた中で、こういじって見たいものとかこれも欲しいってのが沸々と湧き上がってて、その中の2つほど実際に使えるエフェクターに仕上がったのでラインナップに追加だ(^^)

1つ目がこれ

Leaddrive

物は「LEAD DRIVE」
実はずっと欲しかったリード系のドライブ。
いろいろと選定した結果やはりDOD YJM308の音がお気に入りなのでこいつに近い音をと・・・試行錯誤しややそれよりも厚めの音にモディファイしてみた。
結果は上々(^^) ブルースプレイヤーからメタルキッズまで使える一本に仕上がったよ。


そいで2本目はこれ

Screamer

タイトルは「Super SCREAMER」と命名(^^)
こいつは今までの市販も含めて多分初の回路構成じゃないかと自負している。
手っ取り早く言えば特殊なバンドパスフィルターなのだが、そいつのブーストの具合のアノ部分をナニしたって感じでその辺はちょっと秘密(ごにょごょ)なのだ(笑)
コントロールはバンドパスの周波数をポッドで上下でき、(120Hz~12000Hz)カートリッジ上のスイッチでバンド幅をWIDW/NARROW切り替えすることで音の太さを決められる。
音を出しながらバンドパス周波数をいじると当然Wahのような変異だが、カラーはWahのそれとはまったく違ったものでありながら、低い周波数ではうなるように、高い周波数ではその名のとおり叫ぶようなカラーになる。
そのため、コントロールノブの名前はSCREEM/GROWLと表記した。
フィルターの後ろにはディストーションを装備しそのカラーのまま気持ちよく歪ませることができる。

はっきり言って色物だけど(笑) 効果は面白いよ。
こいつは結構いけてる完全にオリジナルなエフェクターなのだ。(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エクサイター完成っ!

Exciter


お待たせっ!

やっとエクサイター完成だす。

コンデンサーと抵抗の値と格闘しながら 持ち上げ始める周波数とピーク周波数をじわじわと変え、位相変換をフェイザーぽくならないようにいじり、なんとかエクサイターとして歯切れよく気持ちのいいサウンドになった
シングル(ストラト)でもハムバック(HRF)でも気持ちのいいサウンドに仕上がったよ(^^)

今回はかなりてこずっただよぉ(^^;)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »