« ディストーション組み込みZO-3 | トップページ | G9.2 パッチ交換についての準備。 »

ZOOM G9.2ttと言うエフェクター

数ある集合エフェクターの中からなぜこのZOOM G9.2ttなのかと問われると、それはこう即答出来る。

「チューブによる歪みとブーストを再現でき、ライブにもレコーディングにも使用できる」

スペック云々については本家ZOOMのサイトを参照してもらうことにしてこちらではその部分をマニュアル通りに掲載するような事はしない。

ディストーション、オーバードライブ、FAZZ、ワウ・・・etc.
単品の音を追求するならば、当然ながら1つ1つ単品のエフェクターに凝ればいいわけだし、
私自身もそれこそ気に入る音が出るまで回路から作る何てこともやるわけなのだが、
ここで集合エフェクターを進める訳は なによりもエフェクトパラメータの再現性だ。
単発のデリケートなエフェクターというのは温度、湿度、電源電圧の誤差、もろもろの環境の違いにより
あまりにもデリケートに音が変わってしまう物だ。
ボリュームのメモリ一つにしても、微調整に苦しんだり実際にはその音はその環境では出せなかったり・・・
録音にしてもライブにしても100%以上は出せなくても、要求する音の90%には達して欲しい物だ。
実際このG9.2ttが100%完璧な音が作れるとはユーザーである私が言うのも何だが思ってはいない。
しかし、90%以上の音はしっかりと出してくれる。
プレイヤーとしてはそこが結構大事な部分だったりする。
もちろん LINE6やBOSSやその他諸々のエフェクターを試して見て総合的にこれが一番安定して、しかも簡単に再現性が有ると思った。
また以下に上げる部分がお薦めのポイントだ。

■プリ段、ブースト段の両方にチューブ(12AX7)とソリッドのアンプを備えてそれをMIX出来る。
■PC上のエディターが直感的に操作でき、エフェクトのライブラリー化も容易
■マイクシミュレータが有り、録音時にギターアンプからのマイク録音を省略できる。
■デジタルでの録音が容易

と言った所だがもちろん短所も有る。

□真空管が十分に暖まるまではチューブの音が薄い。
□アダプターが15VAC電源のため破損した場合すぐに交換、代替がきかない。
 (実際に初期不良で電源がとんだ時は不便だった)
□でかい 重い! チューブ入りなのでショックに気をつかう。
 (移動時は結構体力がいる)

まぁ実用性を考えると短所よりも長所の方が上回る。

と言うわけでこちらのブログでは、G9.2ttをいかにうまく使うかをまとめて見ようとおもう。
ライブラリーの公開や、このブログを見てくれているユーザーのみんなの意見もたくさん聞きたいので
メッセージにて 異論、反論、オブジェクションいろいろと意見をお願いする。

|

« ディストーション組み込みZO-3 | トップページ | G9.2 パッチ交換についての準備。 »

ZOOM G9.2tt」カテゴリの記事

エフェクター」カテゴリの記事

エレキギター」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音源」カテゴリの記事

コメント

自分もG9を愛用しておりますので、ブログの更新をワクワク待っております。

色々情報交換等できるとイイですね^^

投稿: 山中 | 2008年2月29日 (金) 20時49分

山中さん>
コメントありがとうございます。
ただいまレコ前でどたばたしております(^^;)
もうすこししたら更新いたしますのでおまちください~m(_ _)m

投稿: fritha | 2008年2月29日 (金) 21時04分

はぁい、正座して待ってます
次回は音持ってきますね~

投稿: 山中 | 2008年3月 2日 (日) 01時15分

LINE6と比べてと書いてありますけど
型番は何を使ったんですか?

投稿: Lucille | 2011年10月30日 (日) 20時44分

Lucilleさん>


>LINE6と比べてと書いてありますけど
> 型番は何を使ったんですか?

POD X3です。

当時の同一価格帯ですね・・・

投稿: Fritha | 2011年10月31日 (月) 02時17分

 ありがとうございます
o(_ _)o

今ZOOMの9.2ttとLine6のPOD HD500 で迷ってたのですが

楽器やで聞いたところLine6の方がいいらしので

そうしようかと思います

投稿: Lucille | 2011年11月 3日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158200/17776234

この記事へのトラックバック一覧です: ZOOM G9.2ttと言うエフェクター:

« ディストーション組み込みZO-3 | トップページ | G9.2 パッチ交換についての準備。 »