ハッカー辞典

ハッカー辞典 第1版 【B】

■BCL (びーしーえる)

 Broadcasting Listening / Listener の略

 1970年代にブームになった世界各国の放送を聞く行為や人のこと。
欧米では「SWL」 (Shortwave Listening / Listener) や、「DXing」と呼ばれていた。日本での「SWL」は、主に趣味としてアマチュア無線の交信や業務局の通信を受信する人やその行為のことを呼んでいた。
受信を確認できる放送番組内容の概略とその感想などを受信報告書としてその放送局に送ると、受信したことを証明する受信確認証(ベリカード)が発行される。これを収集することも楽しみのひとつであり、特に受信が困難なものほど自慢の種になった。
このブームの火付け役のひとつはアマチュア無線(HAM)のブームの到来で、国際電話が高かった時代に海外と気軽に更新できる手段として流行したわけだが、初級アマチュア無線技師免許という国家試験の取得が壁となり(法務や従事に関する記憶問題以外に真空管をベースとする電子工学系の知識も必要とした)免許のいらないBCLに人気が特に集中した。
またもうひとつは各メーカから高性能な受信機(短波ラジオ)が発売されたことがあげられる。
SONYのスカイセンサーや松下のクーガーシリーズが有名で、単体でもかなり高性能であったが、当時ハッカー予備軍であった中、高校生たちはこぞってこのラジオに改造を施したものである。特に当時から電子工学に興味を持っていた彼らの中にはアマチュア無線の免許も取得しBCLも楽しんでいた。そして、難航不落と言われていた南アメリカやアフリカ地域の放送局をターゲットにしたものである。そのためには屋外に15~20mものアンテナを張り、ラジオを改造して外部アンテナを取り付けられるようにしたり、弱小電波を増幅するためにブースターを自作して組み込んだりしたものである。

■Bluetooth (ぶるーとぅーす)

 携帯情報機器などで数m程度の機器間接続に使われる短距離無線通信技術の一つ。
 Ericsson社、IBM社、Intel社、Nokia社、東芝の5社が中心となって提唱し、ノートパソコンやPDA、携帯電話などをケーブルを使わずに音声やデータをやりとりすることができる。
 免許なしで自由に使うことのできる2.45GHz帯の電波を利用し通信を行なうことができる。
 セキュリティー問題にも対応し今では高度な暗号化が施されているもよう。

 はて、私が全項目で述べた時期にアマチュア無線の免許を取得した当時は無線業務上での暗号通信は禁止項目であった。
その後デジタル通信に関しては広義でのモールス通信と解釈され今では以下のような暗号化に対する項目がある。

第百九条の二  暗号通信を傍受した者又は暗号通信を媒介する者であつて当該暗号通信を受信したものが、当該暗号通信の秘密を漏らし、又は窃用する目的で、その内容を復元したときは、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
2  無線通信の業務に従事する者が、前項の罪を犯したとき(その業務に関し暗号通信を傍受し、又は受信した場合に限る。)は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
3  前二項において「暗号通信」とは、通信の当事者(当該通信を媒介する者であつて、その内容を復元する権限を有するものを含む。)以外の者がその内容を復元できないようにするための措置が行われた無線通信をいう。
4  第一項及び第二項の未遂罪は、罰する。

まぁ現在ではこうやって暗号通信自体を公に認めざるを得ない時代だということだろう。

■BMI指数(びーえむあいしすう)

ボティマス指数。「Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)」の略で、身長と体重から求める国際的な体格の判定方法(計算方法)

BMI= 体重(kg) / 身長(m)×身長(m) で計算され、以下のような指標。

17.6以下 やせすぎ
19.8以下 やせ気味
22 理想体重
24.2以上 過体重
26.4以上 肥満

 ハッカーがこう言った指数を気にすることは稀であるが、私の知る限りでは理想体重であることも稀であると思う。
極端な値ではないにしろ太り気味かやせ気味が多いような気がする。
それは、彼らの食生活に依存するのだが、ハッカーはたいていの場合寝食を忘れてコンピュータに向かっているか、常に何かを口にしながらコンピュータに向かっているかどちらかだが、不健康そうに見えて割りと元気である。
昔何かの本にハッカーにエンゲル係数は当てはまらないと書いてあったが、こういった指数とも無縁なのかもしれない。

■BTO (びーてぃーおー)

 Build to Orderの略

 ユーザーやクライアントの使用目的に合わせて製造すること。
 最近はBTOパソコンという言葉をよく耳にすることがあるが、ショップやメーカーがユーザーの使用目的にあわせてパソコンをアレンジして販売することをこう呼んでいる。
一昔前の言い方だとカスタムショップブランドといったところだ。
 まだパソコンがマイコンと呼ばれていたころ、ハッカーたちは彼らの知人や友人のわがままを実現できるように既成のコンピュータに自作ハードウェアを組み込んでシステム作成したものだ。(必要に応じてソフトウェアやファームウェアも組み込む)
そういう意味ではBTOのさきがけ的存在とも言えるだろう。

| | コメント (0)

ハッカー辞典 第1版 【A】

■AI (えーあい)
 [Artificial Intelligence]の略 人工知能

 記号処理を用いた知能の記述を主体とする情報処理や研究でのアプローチ。

 ・・・と定義づけられているが、それ自体が曖昧な言葉なので実態として何を指し示すかは提唱する人それぞれによって様々である。
有り体に言えば人間様が考える変わりに計算機に任せる事で楽をしようと言う物だ。
ごはんの炊き方をや柔らかくとか固くとか(水加減くらい覚えろよ)、掃除する時に何処がゴミが多いかとか(見りゃわかるだろ)、人がいなくなったらスイッチを切ってくれるとか(自分で切れよ)、果ては話し相手になってくれるとか(寂しくないか?おい)。

人がだんだん怠惰でバカになっていくような気がするのは気のせいだろうか・・・

 そう言えばコンピュータが計算をミスする確率は10億分の1だから人間よりも遥かに的確な判断ができると言っている奴がいたなぁ
 コンピューターの計算ねぇ・・・1命令を平均4クロックと考えて最近のCPUのクロック周波数が3G(ギガ)Hzとすると・・・1秒間に7億5千万回の命令を計算してる訳だから・・・1分間に45回はミスしてるって事か・・・あれ??

■ALT (えーえるてぃー)

 1.[Alternate オルターネイト]の略
  動詞. 交互に起きる; 交互に行う; 行き来する.
  形容詞. 交互の; 一つおきの.
 よく見られるのはDOS-V系のキーボード上に配置されるAltキーである。
 日本語キーの場合は[Alt+漢字]キーでFEPの呼び出しができるが、通常単独で使用した場合は現在の機能とメニューが交互に切り替わりキーボードのみで操作している場合には必需となるキーである。
 特筆すべきは[Alt+Ctrl+Delete]で、機能が凍結した場合には取り敢えず試してみると約35%(筆者環境での測定値)の確率で状態を解決できる魔法の機能が発動する。

 2.[Altitude アルティテュード]の略
  名詞.高度
 通常、航空機のコンソールパネル上に見ることができる。
 ALTと書かれたメーターは高度計を表す。
 ハッカーは計器類が並ぶ光景に得も言われぬ快感を示すが、中でもこの高度計というのは特別な存在で(もちろんデジタルでは無くアナログの物だ)大抵のものは長針と単身がレイアウトされていて、長針は一周で100Feet、短針は1000Feetを計測するようになっている。(物によっては10、100、1000、10000Feetの針がある物も有る)
これが何が快感かと言うと、急上昇/急降下しよう物なら凄い速度でクルクルクルクルと回るのだ。
 数ある計器類の中で非常事態以外にこれだけ動きを見せてくれる物は非常に少ないので嫌が上にも心ときめくのである。
他にクルクル回る場合が有る物としては「燃料計」。これが回っている場合は燃料タンクに穴が開いて漏れていると考えた方が良い。
また、たまに「コンパス(方位計)」がクルクル回り始める場合が有るが、この時は大抵の場合、機体がダッチロールを起こしているとみなすのが妥当であり、落ち着いて然るべくシークェンスを試みるべきである。

■AMD (えーえむでぃー)
 [Advanced Micro Devices]の略

 Intel、モトローラと並ぶCPUメーカーの一つ。
CPUも「4004」が発売されて以来50年くらいのうちに凄い事になってしまった物だ。
1つでも彼のスーパーコンピューター「CRAY-1」の性能をはるかに越えた性能を持つと言うのにそいつを4つも抱えたCPUが1万円もしない価格で流通しているから驚きである。・・・しかしそのほとんどの性能を食い潰しているOSって何者だよ(苦笑)
今現在のマルチコアの最大って・・・12コアだっけ???
船頭多くして・・なんとか・・にならねばいいけどねぇ

■ATOM (アトム)

 1.原子、もしくは原子を構成する物理的要素。

 2.手塚治氏が産み出したキャラクター。
   10万馬力を誇る人型ロボット

 3.INTEL社のLPIAと呼ばれる、低消費電力化が図られたIA-32アーキテクチャに基づくカテゴリの製品。

 4.ウェブ上の各種コンテンツを配信するためのXML文書フォーマット及びコンテンツの編集を行なうための通信プロトコルなど幾つかの仕様群の総称

 5.「ABC」や「[0-9]」、「.*?」のように、何かにマッチする正規表現の構文

 6.会社名
   ○株式会社ATOM
   平板に取り付けるだけでなんでもスピーカーにしてしまう振動エキサイターを作った会社
   ○株式会社アトム
   回転寿司、ファミレス、居酒屋チェーンを経営する会社
   ○アトム株式会社
   一般作業用手袋、産業用手袋、農用長靴等、農用品を製造・販売する会社
   ○株式会社アトム
   3D手話コミュニケーションプラットフォーム Bot3D Engine for Sign Language.を開発販売する会社

 ATOMって会社はまだまだ書ききれないくらい有りそうだ。

| | コメント (0)

ハッカー辞典 第1版 【数字】

【数字】

■1を聞いて10を教える

 新人のプログラマーが某○○さんのところに質問に行った。
 「すみません○○さんワードで罫線入れるのってどうやるんですか?」
 何? 君はワープロなんかにたよってんの? エンジニアならエディターだよエディタっ! で、どこに罫線が? おっこれか これはだねこうやって・・と まぁ便利な世の中になったもんだねぇ 昔は罫線って言ったら漢字エリアの文字だったんだぜ、しかも一つ一つ組み合わせて・・こう こんな感じでね 斜めがほしかったら外字登録で、・えっと外字って知ってる? 無い文字は自分で作って漢字コードの外字エリアってのがあってねドット文字作って登録するのよ、24ドットとか48ドットとかね、まぁこれってプリンターの規格だったんだけどね、え? そうだよプリンターってドットで字書いてんのよ、でさ 今のみたいに細かく無いから紙に点々が見えるわけ、しかもインクをちっちゃいハンマーで叩きつけるからボツボツになるんだけどね あっでも今でも使ってるところはあるんだよ 運送屋さんとかの伝票ってカーボンの綴りだからドットインパクト式じゃないと・・・・・・・・
 
 その新人君は3時間ほど話を聞かされていたのでした(これ実話です。)

■二途を追うハッカーは100バグに会う

 まぁ たくさんの機能を要求するのはいいけれどたいていの場合はこの機能とこの機能は同時に使えないのかとか、ハードの制約を無視した無茶をよく言われるもので そうしたいのならばもう少しコストをかけて優れたターゲットのハード環境に変えればいいものを無理やりチープなハードに組み込もうとするから1つの不具合が2つのバグを呼び2つのバグが更に4つの不具合を・・・しかし まぁこんなもぐら叩きをいつまで続ければ完成するんだろうねぇ・・・ こんなに時間にコストかけるくらいならハードのコストなんて微々たるもんだって気づけよな・・・ブツブツブツ

■五十歩百歩も一歩から

 五十歩も百歩も大して変わらないという意味ではない。
 そこに一歩でも踏み込んでしまったら逃れられないということ。

■七転八倒

 「色紙に七転八起と書こうとしてついこう書いてしまう」とは某有名作家の言葉。
   なんだか身につまされる物が有る。
 「七回転んで八回倒れようが九回起きればそれでいい」とは中学の時の恩師の言葉。
   おいおい それじゃ計算が会ってないんだけど・・・
 「7、8回転倒したっていまさら気にしちゃいないさ」とは某バイクレーサーの言葉。
   なんだかガッツが感じられる。
 「倒れる暇が有ったら仕事しろ!」とは元上司の言葉。
   鬼っ! あんたは鬼や!
 「・・・・」
 ハッカーは転がろうが倒れようが起きる暇を惜しんでキーボードを打つ。

■七難ハック

 それはたいてい仕事の終盤で訪れる。デバッグも大方終わり締め切りまであと3日、そろそろソースを整理してバックアップを・・・と思った瞬間プッと言う音と共に当たりが真っ暗に・・・そう 突然の停電である。
しかしハッカーは慌てない。回復を待ちおもむろにコンピュータに電源を入れなおすが、どうやらOSがやられた様で立ち上がらない。しかしハッカーは慌てない。机の引き出しから緊急立ち上げようのディスクを取りだし立ち上げなおす。開発用のドライブを確認するがそこにファイルが1つも存在しない。どうやら書き込み中に落ちたためディレクトリ情報が消えてしまったようだ。しかしハッカーは慌てない。ディスク修復ツールを使い、まる1日かけてディスクを修復しファイルを取りだす事に成功したが、どうやら肝心のソースが半分しか書き込まれていなかった。しかしハッカーは慌てない。3日前にとっておいたバックアップのソースを頼りに1日かけて前日の状態まで復活。ほっと一息入れるためにコーヒーメーカーに豆と水を入れスイッチを入れる。そういえば腹が減っていたのも忘れていたのでおもむろに冷凍していた残り物のシチューを電子レンジに入れスイッチを入れる。・・・プツッと言う音と共に当たりが真っ暗に・・・そう 過電流でブレーカーが落ちたのだ。しかしハッカーは・・・

そろそろ慌てたらどうかね? ハッカー君!

■千里の道も正露丸

 どんな旅にもありがたい物です。
 特に海外に出たとき正露丸は万能薬と化すのです。

| | コメント (0)