« マルチリンガル | トップページ

ハッカー辞典 第1版 【B】

■BCL (びーしーえる)

 Broadcasting Listening / Listener の略

 1970年代にブームになった世界各国の放送を聞く行為や人のこと。
欧米では「SWL」 (Shortwave Listening / Listener) や、「DXing」と呼ばれていた。日本での「SWL」は、主に趣味としてアマチュア無線の交信や業務局の通信を受信する人やその行為のことを呼んでいた。
受信を確認できる放送番組内容の概略とその感想などを受信報告書としてその放送局に送ると、受信したことを証明する受信確認証(ベリカード)が発行される。これを収集することも楽しみのひとつであり、特に受信が困難なものほど自慢の種になった。
このブームの火付け役のひとつはアマチュア無線(HAM)のブームの到来で、国際電話が高かった時代に海外と気軽に更新できる手段として流行したわけだが、初級アマチュア無線技師免許という国家試験の取得が壁となり(法務や従事に関する記憶問題以外に真空管をベースとする電子工学系の知識も必要とした)免許のいらないBCLに人気が特に集中した。
またもうひとつは各メーカから高性能な受信機(短波ラジオ)が発売されたことがあげられる。
SONYのスカイセンサーや松下のクーガーシリーズが有名で、単体でもかなり高性能であったが、当時ハッカー予備軍であった中、高校生たちはこぞってこのラジオに改造を施したものである。特に当時から電子工学に興味を持っていた彼らの中にはアマチュア無線の免許も取得しBCLも楽しんでいた。そして、難航不落と言われていた南アメリカやアフリカ地域の放送局をターゲットにしたものである。そのためには屋外に15~20mものアンテナを張り、ラジオを改造して外部アンテナを取り付けられるようにしたり、弱小電波を増幅するためにブースターを自作して組み込んだりしたものである。

■Bluetooth (ぶるーとぅーす)

 携帯情報機器などで数m程度の機器間接続に使われる短距離無線通信技術の一つ。
 Ericsson社、IBM社、Intel社、Nokia社、東芝の5社が中心となって提唱し、ノートパソコンやPDA、携帯電話などをケーブルを使わずに音声やデータをやりとりすることができる。
 免許なしで自由に使うことのできる2.45GHz帯の電波を利用し通信を行なうことができる。
 セキュリティー問題にも対応し今では高度な暗号化が施されているもよう。

 はて、私が全項目で述べた時期にアマチュア無線の免許を取得した当時は無線業務上での暗号通信は禁止項目であった。
その後デジタル通信に関しては広義でのモールス通信と解釈され今では以下のような暗号化に対する項目がある。

第百九条の二  暗号通信を傍受した者又は暗号通信を媒介する者であつて当該暗号通信を受信したものが、当該暗号通信の秘密を漏らし、又は窃用する目的で、その内容を復元したときは、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
2  無線通信の業務に従事する者が、前項の罪を犯したとき(その業務に関し暗号通信を傍受し、又は受信した場合に限る。)は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
3  前二項において「暗号通信」とは、通信の当事者(当該通信を媒介する者であつて、その内容を復元する権限を有するものを含む。)以外の者がその内容を復元できないようにするための措置が行われた無線通信をいう。
4  第一項及び第二項の未遂罪は、罰する。

まぁ現在ではこうやって暗号通信自体を公に認めざるを得ない時代だということだろう。

■BMI指数(びーえむあいしすう)

ボティマス指数。「Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)」の略で、身長と体重から求める国際的な体格の判定方法(計算方法)

BMI= 体重(kg) / 身長(m)×身長(m) で計算され、以下のような指標。

17.6以下 やせすぎ
19.8以下 やせ気味
22 理想体重
24.2以上 過体重
26.4以上 肥満

 ハッカーがこう言った指数を気にすることは稀であるが、私の知る限りでは理想体重であることも稀であると思う。
極端な値ではないにしろ太り気味かやせ気味が多いような気がする。
それは、彼らの食生活に依存するのだが、ハッカーはたいていの場合寝食を忘れてコンピュータに向かっているか、常に何かを口にしながらコンピュータに向かっているかどちらかだが、不健康そうに見えて割りと元気である。
昔何かの本にハッカーにエンゲル係数は当てはまらないと書いてあったが、こういった指数とも無縁なのかもしれない。

■BTO (びーてぃーおー)

 Build to Orderの略

 ユーザーやクライアントの使用目的に合わせて製造すること。
 最近はBTOパソコンという言葉をよく耳にすることがあるが、ショップやメーカーがユーザーの使用目的にあわせてパソコンをアレンジして販売することをこう呼んでいる。
一昔前の言い方だとカスタムショップブランドといったところだ。
 まだパソコンがマイコンと呼ばれていたころ、ハッカーたちは彼らの知人や友人のわがままを実現できるように既成のコンピュータに自作ハードウェアを組み込んでシステム作成したものだ。(必要に応じてソフトウェアやファームウェアも組み込む)
そういう意味ではBTOのさきがけ的存在とも言えるだろう。

|

« マルチリンガル | トップページ

ハッカー辞典」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

マイコン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルチリンガル | トップページ